無色透明、無味無臭。

宿の真下から湧き出づる鉱泉は、どこまでもクリア。
身をひたせばとろり、つるりと肌をすべるような感触です。
湯温はやや熱めの41~43℃ほどに設定し、露天風呂にもじっくりと浸かれるように。
広い空と田園風景、そこに吹き渡る風を感じながらのご入浴をお楽しみください。
湯あがりには、モイスチャータイプの化粧水にも似たしっとり感。
いつまでもぽかぽかとあたたかく、
もっちりとすいつくような感触がやがてすべすべの感触にかわり、
肌のキメを整えてくれるようです。
切り傷や火傷に効くと1200年の昔から評判だった沢乙の湯は、
歴史に名を残す貴人に愛された美しい乙女を育んだ湯でもあります。
女性特有の冷え性や貧血を癒し、美肌にも良し。
心と身体をゆっくりとあたためてください。


源泉名:沢乙温泉
源泉温度:18~19℃
泉質:低張性アルカリ性冷鉱泉
pH数:9.0
加水の有無:なし・源泉100%
新湯注入率:1日1回源泉を注入し、100%交換(18時間循環方式)
滅菌方法:オゾン・紫外線殺菌装置(KANKI)使用。


効能:適応症(表示による):リウマチ、切り傷、脚気、神経痛、筋肉痛、五十肩、痔、
痔症、疲労回復、冷え、貧血、挫傷など 禁忌症:急性疾患(特に熱のある場合)、
活動性結核、悪性腫瘍、重い心臓病、呼吸不全、腎不全、出血性疾患、高度の貧血、
その他一般に病勢進行中の疾患、妊娠中(特に初期と末期)、飲酒時